エラ削りを行って綺麗になりました

美容を気にするようになってから、エラがコンプレックスに

私は昔からエラが張っていて、そのことがコンプレックスになっていました。
美容を気にするようになった小学校の高学年くらいから気になって、何とかしたいとずっと思っていました。
小中学校は思うだけで実行には至れませんでしたが、高校に入ってメイクを覚えてからは、エラを隠すようにしていましたが、根本的な解決にはなりません。
なんとなくごまかせても、結局は何も変わっていない、自宅に帰ってメイクを落として鏡を見るたびに落ち込んでいました。
解決策が見つかったのは社会人になった頃で、美容整形という方法にたどり着きました。
それ以前も知ってはいましたが、未成年は親の了承が必要になり、許されそうもなかったです。
さらに費用面も捻出するのが難しそうで、行いたいと思いましたが現実的に行動するのは無理だと諦めていました。
しかし社会人になり、働きはじめれば金銭をねん出することはそれほど難しくはなく、誰の許可も必要なく受けることができます。
しかしずっと思い願っていたにも関わらず、現実的になってくると胸の中に不安も湧き上がってきます。
美容整形というのは手術であり、リスクも伴うということです。
エラをなくしてスッとした顔になりたいですが、失敗というのは嫌で、現実感が出てきたところで悩むようになってしまいました。
もちろん自分の顔、エラに対するコンプレックスは消えていなく、これを何とかしない限り前に進めないのは分かっています。

美容を気にするようになってから、エラがコンプレックスに情報収集はとても大事長年のコンプレックスが解消さっれて嬉しい